リハビリマッサージでみんな笑顔!

リハビリのトレーニングの種類

リハビリにおけるトレーニング

 

リハビリでトレーニングを重ね、現在抱えている痛みや炎症を治療していく努力している人は、とても多いものです。特にスポーツをよくやるスポーツ選手、アスリートの方というのは、このようなリハビリとレーニングを一度はご経験なさっているものと思われます。

 

このリハビリトレーニングは、一通りの種類だけではなく、複数の種類があるというのはご存知でしたでしょうか?その種類の中で、代表的な例が、「患部トレーニング」と呼ばれるものと、「患部外トレーニング」と呼ばれるものです。これら二つがどのような性質のものかというのは、次でご紹介していきます。

 

☆PR☆リハビリと一緒にマッサージもオススメ。相模原 マッサージなら南橋本駅から徒歩5分の州凰堂治療院へ。

 

患部トレーニングについて

 

患部トレーニングというのは、痛めた箇所その部分を強化するためのリハビリです。患部というのは、炎症を起こしたまさにその部分の事で、炎症しているために、熱を持っています。患部トレーニングを行う際には、怪我した部分や痛めて炎症を起こしてしまっている部分の状況に応じて、担当の医師と、どのようにトレーニングをしていくか、今後の計画について相談していきます。

 

患部外トレーニングとは

 

患部トレーニングに対して、患部外トレーニングというものがあります。これは、患部を避けて行うリハビリ方法で、患部に負担がかからないように、最大限気を付けながらトレーニングしていく方法です。よく注意しながらリハビリをしていかなければなりません。患部外トレーニングというのは、炎症が始まってから、なるべく早い段階で始めていく事がすすめられます。埼玉でリハビリなら志高 理学整復院へどうぞ。

 

患部トレーニングというのが、炎症を起こしている部分を強くするためのトレーニングであるのに対し、患部外トレーニングというのは、患部に負担を与えないように、患部周辺を主に鍛えていき、リハビリ治療を進めていこうとするものです。